真空管アンプ。全てのカップリングコンデンサを銅箔オイルコンデンサに交換。

Golden Black AMCYとJensen OPA-CU.jpeg



アムロランスのGolden Black AMCYと、Jensen 銅箔オイルコンデンサ OPA-CUの組み合わせで2週間経ちました。

エージングが進んで、分厚く深く伸びた低音と刺激の全くない綺麗な高音で、素晴らしく音楽が聴くことができています。


それにしてもオイルコンデンサのエイジングの遅さにはびっくりします。

毎日音が変わって行きます。

近ごろやっと音が安定して来ました。

この経過を知らない人にとっては、相性が合わないとすぐに元のコンデンサに戻してしまうでしょう。

かく言う私もアムロランスのGolden Black AMCYの音が悪いと決めつけ迷走してしまいました。

何度も言いますがGolden Black AMCYは、この価格でこの音はすばらしいとしか言いようがありません。(過去ブログ参照)

でも高域が僅かにロールオフします。

これはオイルコンデンサの特徴です。

時折もう少し艶やかさが欲しいと感じることがあります。


そこでドライバー段だけJensen 銅箔オイルコンデンサ OPA-CUに交換したところ好結果だったので、全て交換したらどんな音になるだろうと言う思いが募ってきました。

でもJensen 銅箔オイルコンデンサは高いです。

残りの4つ交換すると25000円ほどかかってしまいます。

でもやってしまいました。

思い立ったらやらずにはいられない私の悪い性格です。


Jensen 銅箔 オイルコンデンサ OPA-CU.jpeg
Jensen 銅箔 オイルコンデンサ OPA-C


Golden Black AMCYを取り外し.jpeg


Golden Black AMCYを外していきます。

すごくいい音だったのですが、僕のわがままのためにごめんなさいアムトランスさん。



Jensen 銅箔 オイルコンデンサ に交換後.jpeg
Jensen 銅箔 オイルコンデンサ に交換したOLDCHEN KT88 K3



そしてこうなりました。

黄色いコンデンサは見た目のインパクトが凄いです。

そしてこれから長い長いエイジングが再び始まります。

交換した直後の音はスカスカです。

2週間ぐらいは我慢して音楽を聴きます。

私好みの素晴らしい音に変わることを期待しています。



でもまだまだ迷走は続きます。続きはこちらへ(^_^;)

"真空管アンプ。全てのカップリングコンデンサを銅箔オイルコンデンサに交換。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: