真空管アンプ カップリングコンデンサでまだまだ迷走中

JENSEN.jpg


新年あけましておめでとうございます

すべてのカップリングコンデンサをJENSENの銅箔オイルペーパーに交換して2ヶ月ほど経ちました。

中域から広域にかけでは刺激のない透明感のある音で、しかも細くならず滑らかです。

低域もオイルコンデンサー独特の厚みがあります。

自分の好みの音になってきたと喜んでいたのですが、1つ気になることがありました。

それは100Hz位が弾力的に盛り上がり、それを境に低い方がストンと落ちたように伸びません。

中高域の響きは非常に綺麗なのに対し、低音楽器の響きが全く感じられません。

エイジングが進めばもう少し変わってくるのではないかと我慢しましたがもう限界です。

ドライバー段のコンデンサーをアムトランスのGolden Black AMCYに戻してみました。



JENSEN+アムトランス.jpeg



明らかに低域が伸びます。

JENSENのコンデンサーの透明感のある音は薄れますが、明らかにこちらの方が良いです。

でも、低域の癖は残っています。


アムトランス+JENSEN.jpeg


今度はドライバー段をアムトランスに、パワー段をJENSENにしてみました。

この組み合わせは以前試して非常に満足した組み合わせです。

低域の癖は格段に減り、中域から高域にかけては非常に滑らかな音に戻りました。

低域方向も素直に伸びてきました。

やっぱりアムトランスのコンデンサは変な個性がなく音がいいです。

もっと評価されても良いのではないかと思います。


だったらすべてのコンデンサをアムトランスのコンデンサに戻せは良い音になるのではないかと思うところですが、JENSENの良いところを聞いてしまった後では物足りないと言うところもあります。

まぁ現状アムトランス+JENSENのままでこれといって不満は無いのですが、JENSENの銅箔オイルペーパーだけの時の透明感のある音が忘れられないです。

そこで他に私好みの音になるものは無いかといろいろネットで検索していますが、あまりにも情報が少なすぎて解りません。


でも所々でArizona CapacitorsのAZ-CAPが良いと言う文言をよく見かけます。

Arizona Capacitorsのコンデンサは レッドカクタス ブルーカクタス グリーンカクタス と3シリーズあります。


Red CactusはArizona Capacitorsの1番最初に開発されたコンデンサで、解像度が高く美しく洗練された音ですが、低域が出にくいとのことです。


Blue Cactusはその低域が出にくいのを補う目的で開発され、パワフルなサウンドを再現していますが、中高域の解像度は少し落ちているとのことです。

しかし同社(同製造部門)が、過去に製造し、音が良く名品とされたWest Capを彷彿とさせる出来で、ヴィンテージアンプのパーツ交換にうってつけとの評価で大人気です。

中低域にはオイルコン独特の厚みがあります。


そしてGreen Cactusはレッドとブルーの弱点をを改良した最新型のコンデンサです。

非常にワイドレンジとの触れ込みです。

Arizona Capacitorsの技術の集大成といった感じです。

低域は弾力よりも量感で攻めてくるタイプとのことです。


当初はBlue Cactusを試してみる予定でしたが、また低域に癖が出たら嫌なのでGreen Cactusを試しに購入してみました。


AZ-CAP Green Cactus.jpeg


Arizona Capacitors AZ-CAP Green Cactusは、写真で見るとスリムな外観と言うイメージがありましたが、意外に太くずっしりと重いです。

そしてこんな感じになりました。


AZ-CAP+JENSEN.jpeg


現在交換してまだ2日目で、まだどうのこうの言える段階では無いですが、非常に良い傾向の音です。

また驚くのは低域の伸びです。

今まで感じたことのない深い音の響きが聞こえてきます。

アムトランスに比べ中域から高域にかけ、少し刺激的ではないかと感じるところもありますが、耳に刺さるような嫌な音ではないです。

これから数日をかけまだまだ音が変わってくるかもしれませんが、今までの中では1番良いです。

残るすべてArizona Capacitorsのコンデンサに交換したらどうなるのだろうと言うささやきが聞こえて来ますが、もう少し様子見です。

早くこの迷走から解き放たれたいです。


次回のオーディオ記事に続く。


この記事へのコメント