やっぱりオイルコンデンサは音が良い。

前と言っていることが違うじゃん。

と思った方は正解です。

一気に改造を進めたために何をして良くなったか悪くなったか分からなくなってしまい、カップリングコンセンサのせいにして迷走してしまいました。




前回取り付けたオイルコンデンサー.jpeg


Golden Black AMCY オイルコンデンサに交換するも、エイジングが進むのが遅いのか相性が悪いのかと悩んだ末に、ドライバー段の部分だけを残しパワー部分を JantzenAudio Z-Superior に戻しました。


オイルコンデンサーをフイルムコンデンサーに戻す.jpeg


これで良くなったと喜んでいたのですが、やっぱり何か違和感が残ります。

以前はもっと良い音で鳴っていた様な。


JantzenAudio Z-Superior.jpeg


一度全てのカップリングコンデンサを JantzenAudio Z-Superior に戻します。

非常にワイドレンジでクリアな音ですが、体が躍動するような音では無く、面白くありません。

以前はこのコンデンサーで音楽を聴いていたのですが、トランスや抵抗を変えたことにより音のバランスが崩れてしまったのか?

それともオイルコンデンサの良いところを一度体験しましてしまったから、今までの音に満足できない体になってしまったのか?


カップリングコンデンサー取外し.jpeg


悩んだ末に夜中の2時にコンデンサを取り外します。

思い立ったら、いてもたってもいられません。

そしてこうなりました。







Golden Black AMCYオイルコンデンサー.jpeg


そして再びアムトランスのGolden Black AMCYに戻りました。


やっぱりオイルコンデンサは音が良いいです。

全く違います。

言葉に重みがないのは許してください。(^_^;)


エイジングも進んだのでしょう。

低音の違和感もほとんど気にならなくなりました。

倍音も非常に美しいです。

最初のころから比べると嘘のように変わりました。

これなんですねオイルコンデンサの音って言うのは。

今までの音とは別次元です。

もう少し我慢すれば良かったです。

アムトランスさんごめんなさい。

前回の記事は撤回します。



Golden Black AMCYオイルコンデンサー2.jpeg


アムトランスのGolden Black AMCYオイルコンデンサーは安くて音も最高です。

ここで宣伝しておきます。


あと一気にいろいろなところを改造するのはやめましょう。

何がよくて何が悪いのか分からなくなってしまいます。

自己反省です。

未来の自分へのメッセージとして残しておきます。(^_^;)



OLDCHEN KT88 K3.jpg
OLDCHEN KT88 K3


そしてまたまた次回に続く。









この記事へのコメント