完結編・フォノイコライザー Phasemation EA-200改造

SiCショットキーダイオード.jpeg


延期していたフォノイコライザー Phasemation EA-200のSiCショットキーダイオードの交換をしました。


Phasemation EA-200 オリジナルダイオード .jpeg
オリジナルのダイオード



SiCショットキーダイオードは少し大きめなのでスペースの関係で同じ場所に4個は厳しいです。

考えた結果、表裏に2個づつ取り付けました。



Phasemation EA-200 SiCショットキーダイオードに交換.jpeg


こんな感じになりました。

半田付け汚いですね。(^_^;)

言い訳をすると基板が繊細で非常にやりづらくハンダも乗りにくいんです。


Phasemation EA-200 SiCショットキーダイオードに交換2.jpeg



オリジナルのダイオードを取り外す時に近くのガラスダイオードを割ってしまい、急遽予備のガラスダイオードを代わりに取り付けました。

トラブルはありましたが、無事に交換できました。

そして肝心の音ですが、音がさらにクリアになり刺激的な音も減り低域にハリが出た感じです。

今回でPhasemation EA-200の改造は終了です。

トータルの改造でかなりのグレードアップが図れたと思います。

レコードを聴くたびに、以前との違いに驚く毎日です。


myオーディオ .jpeg


この記事へのコメント