少しずつですが真空管アンプを改造中です。

GOLD LION TK88 pp anp.jpg
GOLD LION TK88を装着したoldchen k3 KT88



電解コンデンサー交換後.jpg
ほぼ全てのコンデンサーを交換



改造中の真空管アンプoldchen k3 KT88です。

ほぼ全ての電解コンデンサーもJJ製に交換しました。

アウトプットトランスを交換するか悩み中ですが、今回はパワー管をGOLD LIONからTUNG-SOL 6550に変更してみました。



TUNG-SOL  6550.jpg
TUNG-SOL 6550 MQ マッチド4本



特に不満があったわけではありませんが、評判が良かったのでずっと気になっていました。



GOLD LION TK88とTUNG-SOL  6550.jpg
GOLD LION TK88とTUNG-SOL 6550



GOLD LION KT88と同じ様なダルマ型をしていますが、TUNG-SOL 6550の方は少し小ぶりのかわいい形をしています。

早速バイアス調整です。

もう2回目なのでお手の物です。



TUNG-SOL  6550バイアス調整.jpg
バイアス調整中



8番ピンの電圧を0.5ボルトに調整するだけ。

まあいつものことですが、鳴らし始めはひどい音です。

今日で3日目ですが荒さも取れてきて、低域も伸びて来ました。



TUNG-SOL  6550 pp anp.jpg
TUNG-SOL 6550NI変更したoldchen k3 KT88



さて肝心の音ですが、一言で言えばリアルな音と言った感じです。

一本芯が通って音像がハッキリしており中高域はクリアで、低域は弾力があります。

残念ながら情報量は少なめです。

まあ悪くは無いのですが、、、、。

でも個性的でちょっと疲れそうな音です。


TUNG-SOL  6550とSylvania 6SN7GT.jpg
TUNG-SOL 6550とSylvania 6SN7GT



合わない音楽もありそうですな気がします。

オーディオに万能は無いのはわかっているのですが。

でも、、、、。

GOLD LION KT88の厚みがあり倍音も美しい音に戻したい気持ちでいっぱいですが、当分はTUNG-SOL 6550を試して見る予定です。

, , , , あとはアウトプットトランスの交換をするかで悩み中です。

次回?に続く???




この記事へのコメント