2018年04月05日

THORENSのレコードプレーヤーの電源の製作

レコードプレイヤーのノイズ対策の第二弾です。

前回とTHORENSのレコードプレーヤーの電源アダプターからノイズが出て、MCトランスやフォノイコライザーに影響を与えていることがわかったので、なるべくオーディオ機器から離すことを検討しました。

アダプターはコードの長さが決まっていて離すには限界があるので自作することにしました。



THORENS 電源アダプター製作パーツ.jpg



DCコンバーターとは違い非常にシンプルな構造です。

直流にする必要がなく電圧を変えれば良いだけなので、トランス1つあれば製作できます。

今回はその中で1番使いやすそうなR1-2003と言うトランスを選びました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スワロー電機 単相 複巻 変圧器 RシリーズR1-2003 1台
価格:923円(税込、送料別) (2018/4/7時点)






THORENS 電源アダプター製作1.jpg
14Vから20Vまで2Vごとに選べます。



THORENS 電源アダプター製作2.jpg



THORENSの電源アダプターは機種により微妙な電圧の違いはありますが、このトランスであればほとんどのプレーヤーが対応できるかと思います。

今回は16Vに接続しました。

多少の電圧の違いは問題ないです。



THORENS電源図面.jpg
図面は必要ないほどシンプル


THORENS 電源アダプター製作 完成.jpg



THORENSのTD521は18VでTD320mkⅡは16Vですがどとらも問題なく動きました。

メンテナンス性とノイズ対策を考えて、ケースはペイント缶を利用しました。

コードの長さは2mあるのでプレーヤーとMCトランスから充分に離せます。

プレーヤー側の接続は DCプラグφ2.1mmの"WTN-27-1141C"を利用しました。

純正のプラグと違いゴムパッキンが付いていないので抜けやすいのですが、引っ張ったりしない限り問題ないです。


他にノイズ対策ができるものがないかと調べていると電磁波吸収シートなるものが発売されていました。



電磁波吸収シート.jpg
オヤイデ電気 MWA-030



この手のものは音が良くなった様な気がするだけで効果を体感できないものが多いのですが、評価が良いのにつられて買ってしまいました。


MCトランスとフォノケーブルのRCAプラグに貼ってみました。



フォノケーブルに電磁波吸収シート.jpg


横に置いてあるMac miniからの影響を遠ざけることができないかと考えたのですが、効果はいまひとでスリープから復帰してしまうと突然ノイズが発生します。

強力な電磁波には効果は無いようです。

それ以外にも少しノイズレベルが下がればと思っていましたが、変わらずで効果なしです。



MCトランスに電磁波吸収シート.jpg


でも音は変わりました。

非常に澄んだ音に変身しました。

これって今まで電磁波で音が濁っていたと言うことなんでしょうか。

電磁波吸収シートで電磁波をカットしたから濁りが取れたと言うことなのでしょうか。

よくわかりません。

怪しい不思議なシートです。






posted by fafofaf at 23:06| Comment(0) | オーディオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください