2016年05月31日

タネを蒔いて約一ヶ月のチェマサンチュ

少し大きくなったチマサンチュ.JPG

少し大きくなりました。
いつもより成長スピードが遅いような気がします。
肥料が薄かったのかな。
とりあえず最初の収穫です。

チマサンチュ収穫.JPG


ベターッと広がった葉っぱを取ってあげると、次回からは元気な大きな葉っぱが出てきます。
葉っぱを取った後はこんな感じです。


収穫後のチマサンチュ.JPG






ラベル:水耕栽培 レタス
posted by fafofaf at 19:49| Comment(0) | レタス水耕栽培 | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

クレソンとりあえず定植しました。

定植前のクレソン.jpg


クレソンが大きくなりました。
もう食べれそうですが、ここで食べてしまうと無くなってしまうので、もう少し増えるまで我慢です。


管理の楽な循環式の容器を作ろうと考えていたのですが、クレソンが大きくなって時間がなくなってしまったので、昨年までと同じエアレーション式にしました。


とりあえずぶくぶくのクレソン2.JPG



仕組みはハイドロボールを入れたザルを溶液を満たした容器につけて、中から水槽用のブクブクを入れて根に酸素供給と水の循環をしています。


また時間ができたら循環式に変更するかもしれません。


とりあえずぶくぶくのクレソン.jpg




posted by fafofaf at 17:29| Comment(0) | クレソン水耕栽培 | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

ズブロッカ作りました。

スイートグラス.JPG


植木鉢で栽培中のスイートグラスの新芽の葉っぱを乾燥させ、お気に入りのスミノフの中に入れて自家製ズブロッカを作っています。
柏餅のような甘い香りがしてすごくおいしいです。


自家製ズブロッカ.jpg








ラベル:栽培
posted by fafofaf at 18:49| Comment(0) | スウィートグラス | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

あれから9日。大きくなったクレソン。

クレソン.JPG

鉢に植えて9日経ちました。
今までの成長より早いです。
これからますます成長のスピードが早まるはずです。
でも食卓に上るにはまだもう少しかかるかな。


posted by fafofaf at 13:14| Comment(0) | クレソン水耕栽培 | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

水耕栽培の肥料どうしていますか?

水耕栽培を始めるにあたり悩むのが肥料だと思います。

とりあえずお試しと言うのであれば、ホームセンターなどで簡単に手に入る液体肥料のハイポネックスで試してみるのもいいかもしれません。


4977517180029.jpg



でも本格的に始めるとなるとハイポニカが一般的になるかと思います。

でも一般のお店ではなかなか手が入らないので通常はネット販売に頼るしかないです。
しかも大量に使うとなると金額がかさみます。



hhp300_05.jpg



そこで私は業務用のOATアグリオ(大塚アグリテクノ)[社名が変ったからややこしいです]のアミノハウス1号とOAT(大塚)ハウス2号と5号を使っています。
農協やネット販売で手に入れることができます。

1号と2号に関しては栽培には絶対必要ですが5号はミネラル分を補給するためのもので絶対に必要と言うわけではありまが、これを使うと美味しくなると言われています。

ただOAT(大塚)ハウスの肥料には大きな問題があります。

液体ではなく粉末で販売されていること。

1号と2号は10Kg入り、5号は1Kgの袋で購入しないといけないなど、出費は1万円越えと高くつきます。

でも一度購入してしまえばランニングコストをかなり抑えることができます。



大塚ハウス小分け.jpg


私は購入したらまずジッパーの袋に入れて小分けにしています。
そのまま放置しておくと湿気を吸って固まってしまうためです。
濃縮液を作る時の手間も省けます。
小分けの時はクーラーをつけて極力湿気を吸わないようにしています。

1号は600g、2号は400g、5号は50gに分けます。
これをお湯で薄めて1号と2号はそれぞれ4Lの濃縮液、5号は500ccにします。
これを使用時に薄めて使うわけです。


大塚ハウス攪拌中.jpg
粉末がなくなるまでよく攪拌します。
1号と2号と5号は使う直前まで混ぜないように注意です。

大塚ハウス出来上がり.JPG
出来上がりです。
今回5号はまだ残っていたので今回は作っていないです。



薄める比率は人それぞれやり方があるので一概には言えませんが、私は1号と2号を2000倍(EC1.3)にして植物の葉の様子を見てそこから徐々に濃度を濃くしています。

2000倍(EC1.3)の溶液を10リットル作るには1号と2号を50ccずつ5号は2.5ccです。

必ず9L位の水に1号、2号、5号と順番に足していき最終的に水を入れ10Lにします。
先に大塚ハウスだけを混ぜてしまうと反応して固まってしまいます。

作った溶液は早めに使わないと茶色くなってしまいます。
その時に使う分だけ作るのがいいかと思います。












posted by fafofaf at 17:06| Comment(0) | 水耕栽培(その他) | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

トマトが種から7週間

トマト栽培7週間目.JPG

種まきから7週間経ちました。
脇芽を伸ばして2〜4本立てで栽培しています。
フルティカとピッコラカナリアは少しひょろひょろ気味です。
溶液の濃度がEC0.9ぐらいまで下がってしまっていたのが原因かもしれません。
現在は溶液を半分交換してEC1.3にしています。
本当はもう少し上げたいところですが、フルティカは溶液が濃いとすぐに異常主茎や鬼花なりやすいのでフルティカの様子を見ながら濃度を調整しています。

結果したフルティカ.JPG

フルティカはすでに小さな実をつけています。
茎はひょろひょろですが実の方は順調に結果しているようです。

間引いた脇芽を挿し芽しました。
この時期は涼しいところで水につけて置いておくと、1週間ほどで根が出て簡単に増やすことができます。
こちらは毎年ポットに移してご近所に配っています。

挿し芽中のトマト.JPG

ラベル:水耕栽培 トマト
posted by fafofaf at 14:14| Comment(0) | トマト水耕栽培 | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

チマサンチュ定植

チマサンチュ定植1.JPG


チマサンチュ定植2.JPG

チマサンチュを室内の水耕栽培装置に定植しました。
写真は面白みがないですね。(^_^;)
記録用としておきます。


ラベル:水耕栽培 レタス
posted by fafofaf at 00:11| Comment(0) | レタス水耕栽培 | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

クレソン。やっとここまで。^^;

少し大きくなったたクレソン.JPG

3週間ほど前に蒔いたクレソンの種がやっとここまで大きくなりました。
成長遅いです。
今まで栽培していたレタス用の栽培装置からヤシガラピートを詰めたポットに移しました。
茎の間から次々と根っこが出てくるので、そこから養分を吸収できる環境を作らないと大きくなりません。


ポットに移したクレソン.JPG


溶液につけてさらに大きくなるのを待ちます。
ここから成長の速度が増します。
さらに大きくなったらまたお引越しです。





posted by fafofaf at 23:27| Comment(0) | クレソン水耕栽培 | 更新情報をチェックする