外は寒いので、部屋の中で色付くのを待つトマト

今年は暖冬で2月になろうかと言うのに暖かい日が続いています。 例年だと終了している秋トマトの栽培もまだ続いています。 しかも何を勘違いしたのか花まで咲いています。 さすがにこの寒さなので、花は咲いても実をつける事はありませんが。 収穫を待つトマトの実です。 ここ大阪は現在日中でも10度前後といったとこ…

続きを読む

真空管アンプ カップリングコンデンサでまだまだ迷走中

新年あけましておめでとうございます すべてのカップリングコンデンサをJENSENの銅箔オイルペーパーに交換して2ヶ月ほど経ちました。 中域から広域にかけでは刺激のない透明感のある音で、しかも細くならず滑らかです。 低域もオイルコンデンサー独特の厚みがあります。  自分の好みの音になってきたと喜んでいたのですが、1つ気になることがありました。 それは1…

続きを読む

水耕栽培イチゴ。綺麗な根が出てきました。

水耕栽培を開始したイチゴの苗ですが、開始して早々急激に寒くなってきました。 心配していましたがきれいな根も出てきて順調に育っているようです。 さすがに葉っぱは赤くなってきましたが。  タンクにも保温のため発泡ウレタンのボードで囲いました。  ここ大阪は氷点下を下回るような日は滅多にありませんが、念のため水槽…

続きを読む

いちごの循環式 水耕栽培容器が完成。

現在いちごはプランターで土耕栽培しています。 いつかは水耕栽培でと構想を練っていました。 そして今年の夏頃から暇を見つけては少しずつ部材を買い求め加工をしていました。 そして念願のいちごの水耕栽培装置が完成しました。 以前いちごを水耕栽培しない理由、と言うブログを書きましたが、この装置はその時指摘した弱点を補えるのではないかと思っ…

続きを読む

真空管アンプ。全てのカップリングコンデンサを銅箔オイルコンデンサに交換。

アムロランスのGolden Black AMCYと、Jensen 銅箔オイルコンデンサ OPA-CUの組み合わせで2週間経ちました。 エージングが進んで、分厚く深く伸びた低音と刺激の全くない綺麗な高音で、素晴らしく音楽が聴くことができています。 それにしてもオイルコンデンサのエイジングの遅さにはびっくりします。 毎日音が変わって行きます。 近ごろやっと…

続きを読む

四季なりいちご。今日の収穫。

デルモンテのめちゃウマッ!いちごが秋の収穫の最盛期を迎えています。 今月は少しずつですが苺が楽しめそうです。 11月に入ったらいちごの水耕栽培にチャレンジ予定です。 以前のブログにて四季なりいちごの水耕栽培をしない理由を書きましたが、根をスポンジで包むのではなくトマトと同じ ヤシガラピートで栽培してみます。 秋トマトも少しず…

続きを読む

現代設計の真空管 KT120

真空管アンプ”OLDCHEN KT88 K3”のパワー管に、他に何か良いものがないかと探していました。 Genalex GOLD LION KT88に大きな不満はないのですが、低域の解像度と言うか輪郭と言うか、もう少しリアルな感じの音にならないかと感じることがありました。 それを考慮して以前 TUNG-SOL 6550 を試してみたわけですが、好みの問題以前のひどい音で処分してしまい…

続きを読む

まだまだ続く真空管アンプ改造。

毎回もうこれで良いのではないかと思いつつ、改造が続く真空管アンプ OLDCHEN KT88 K3 です。 今回はチョークトランスを交換しました。 チョークトランスとは交流電源を整流ダイオードで直流に変換した後の、わずかにノイズとして残る交流成分を取り除く回路の一部に使われます。 回路図を検索してKT88 PPのアンプによく使われていた TANGO MC-5-25…

続きを読む

やっぱりオイルコンデンサは音が良い。

前と言っていることが違うじゃん。 と思った方は正解です。 一気に改造を進めたために何をして良くなったか悪くなったか分からなくなってしまい、カップリングコンセンサのせいにして迷走してしまいました。 Golden Black AMCY オイルコンデンサに交換するも、エイジングが進むのが遅いのか相性が悪いのかと悩んだ末に、ドライバー段の部分だけを残しパワー部…

続きを読む